2019年02月01日

実話の映画

実話をベースにした映画って結構好きでよく見ます。
「チェンジリング」とか「アンブロークン、「スポットライト」など。
数えていけばキリがないけど、とにかく好きです。

一度見てみたいと思ったのは「それでも僕はやっていない」です。
チカンの話ですね、似たようなのはドラマか何かで見た記憶がありますが、映画はおそらくないはずで。
警察ってのは女性に甘いというか、女性が「この人、チカンです」と言えば、
こうやって冤罪で捕まってしまうのだ、ってところが描かれている(はず)映画ですね、
これは見たいです。

ウイル・スミスの「幸せのチカラ」も。
実はこの映画は見ていますが、DVDとして我が家に置いておきたい映画なのです。
買えばいい?・・・そうなんですよね、、、、買ってきます、はい。

日本の冤罪事件では「袴田事件」・・・なんといってもこれでしょう。
今は釈放されていますが、四家宗として何十年緒刑務所にいました。

拘禁反応で苦労されてます、早く「無罪」と言われますように。


ベターーーなところでは「中堅ハチ公」・・・リチャード・ギアが出てる奴。。
ま一回見てもいいかなって程度ですけど、これも実話ですね。
ハチ公、、、じっさいのいた犬です。

どうでしょうか?
まだまだあります、たくさんありすぎる。
でもこれら全部見たいのです。
実話な映画って面白いですよねー。

2019年01月01日

あけましておめでとうございます

新年になりました、どんな年あけでしたか?

新しい年になると新しい事したくなる、または、目標をあげたくなりますけど、どうでしょう?
その気持ちを維持し続けるのは難しいんだけどね。

その一方で終活をする人もいます。
ある芸能人の話を読みました。
特に死ぬ準備、というわけでもないんだけど、余分なものはなくしていこうってやっているんですって。
日本の別荘も、そこに行くのがもう辛いっていう年になってきたので、処分したとか。
趣味が高じて作ったアトリエも手放して、
家にある独特な洋服なんかもどんどん捨てているそうです。

洋服はたくさんあっても、結局は同じものしか着ないからって。
そういう考えになってくるのはやはり年齢を重ねてきたからでしょう。
若いうちは着なくても欲しいし、手元に置いておきたいものですから。

そんなことをしていて、だんだんと身軽になっていくのも楽しんでいるようでしたよ。

若い時からもう何もブツ欲がなくて、スッキリと過ごしてきてますので、特に何を捨てるもないのですが、それでもまだ余分なものは家のなかにあったりするので、私も時々処分するようにしています。
少しでもスッキリすると気持ちいいですね。

そういうのは年末の大掃除で?いえいえ、特に決めていません。
思い立った時にしています。
ただ、思い立った時があっても忙しくてできない、というのがほとんです。

忙しくしてる、このことをスッキリしなくては、って、時々思います。
そんなお正月を過ごしています(じゃあ今やれ??)。

2018年12月01日

横柄な人

もともと横柄な人、というのはいるのかもしれないけど、
たいていはお金があったり、なかったのに持てるようになったり、
社会的に地位が上がってきて偉そうになっていくのだそうです。
性格がかわることはあるけど、横柄になっていくのは見にくいですね。(醜い)

付き合っていた彼氏が、もともとは定収入だったのに、転職して給料があがったら
タクシーの運転手に対する態度が変わってきたとか、、、そういうのを見てて
この人と結婚したらいずれはDVにあうな、と思って付き合いをやめた女性がいます。
正解だと思います。

私も横柄な人は嫌い。
社会的な地位にある人ほど腰が低いものですが、
そうじゃない人は見てて吐き気がするくらい。
男女ともにです。

威厳を出すのはいいことだけど、吐き気がするのは、あきらかに恰好つけtっるだけ、って場合。
そういう人とは付き合うどころか無視ですね。
ちょっとしたところで出る態度で分かるものです。
皆さんも気を付けましょう。

2018年11月01日

年齢をごまかす

世の中には年齢を誤魔化す人は多くて、それはほとんどが女性で、
少しばかり年齢を若く言う事が多いと思う。
でも今回男性で、しかも30歳もハバを読んでた人がいてビックリしました。

その人が連行される動画を見ましたが、えーーー!どうやったら30歳も若く誤魔化せたのーー?ってなった。
でもよーくニュースを読むと、若い人の写真を使ってただけみたいです。
相手の女性とは一度もあってないとか。

そう、、、婚活サイトで女性を騙してて、開いてから数百万円だましとってたんですって。
バカですねー。どっちもです。
一度もあったことのない人にお金を振り込むなんて。
あきれます。

この男性にも呆れます、映像を見たら相手の女性も落ち込んだでしょうねー。
(そんなおかしな人ではないけど、30歳も誤魔化せるほどの、、って感じですよ)

婚活、まだ流行ってるようですが、決してこういう事しないように!
両方ともです!
年齢や職業をh誤魔化したり、相手にお金を振り込むなんて!
ほんっとうにあほ。。
それしかいえません。
なので、少しばかり年齢を誤魔化す一般の女性がいても可愛いもんだなって思えます。

2018年10月01日

業務用お菓子のお店

全国にたくさんあるであろう、業務用のお店。
その中でもお菓子の食材などを売っている店を探していました。
お菓子を作るわけではないのですけどね。

しっかし業務用って、たくさん入っててそのわりには安いですね。
だからそこで買うわけでしょうけど。
一般の人でも買えるのなら、そこで買えばお得ですよ、賞味期限とか気にしなければ(!)。
なんだかいい事を教えてるようですけど、近くにそんなお店がなかったらダメですね、、すみません。

さて、私は黒ゴマがなかなか変えないところに住んでいます。
でも黒ゴマが大好きなんです。
なので買える時は大量に買いますが、これもこういう業務用のお店で買えるなら買いたい!って、今思いました。
一般のスーパーで買えるけど、そういうのを業務用で売ってくれるなら買う。
そんなお店があったら教えてください。
今狙ってる業務用のお菓子のお店のサイトには黒ゴマはなかったー。
もしかしたらあるのかもですが、とりあえずなかったのです。電話してみるか。。

そこまでして黒ゴマ欲しいかって?
欲しいです、身体にもいいし、美味しいのでよく食べます。
黒ゴマ食べていると白髪にならすにいつもあでも若くしていられるんですって。
じっさい、私は(白髪はあるけど)若いと言われます。ゴマのおかげかも。
これからもゴマは食べるので、ぜひ業務用として売ってくれないかなー。

全国の業務用のお店か会社の皆さん、ぜひこういうのも売ってくださーい。
お願いします(ぺこり)。

2018年09月01日

サフラジェット

イギリスの映画で「サフラジェット」というのがあるのですが、
内容のなかに、
鼻から栄養を取り入れるチューブを無理やり入れる、ってところがありました。
ハンガーストライキをしたからです。
でも、これに似た感じの事件が日本にもあったみたい。

ハンガーストライキではなくて、摂食障害のようですが、
病院はこの子(子供だった)をベッドに縛ったりして高速したのを、
この子本人が訴えたんです。
食べたくても食べられなかったのか、食べたくなかったのかよく分かりませんけど、
そうまでして栄養をとらせた、ってことらしい。
でもまだ未成年だったし、親はどういう判断だったんだろ?

親だってそんな子には栄養をとってもらいたいし、それには手段はこれしかなかったかもです。

ベッドに高速されたりしてウツになったとかですが、
そもそも食べ物を食べない(?)ところで精神はおかしいですよね。
食べ物を吐いたりするダイエットによって体を壊した人も多いので、
病院としては少々過酷なことでもいたしかたなかったのかもです。
裁判になっているのでいつか決着はつくようですが、
なんだか疑問が残る。

サフラジェットでのシーンも過酷で、これは本人が食べることを拒否している典型的なものですが、
病気で拒否しているとしたら仕方ないって気がしてしまうかもです。

2018年08月01日

いえいえ、簡単です

タブレットを海外で使うのは難しいですか?という、ある人の質問に
「まず難しくて使えない」
って答えが載っていました。
いえいえ、簡単です。
タブレットは日本語なわけだし、WiFiに繋がれば日本だって外国だって同じように使えます。
なにいってるのかなー。

どうして難しいって考えるのかがわからない。
そのタブレットはその外国で借りているっていうのならまだ話はわかるけど。

今、わたしもタブレットを買おうかなって思っていて、それは逆に国内ではなくて
外国で使うためです。
難しいのなら買いませんよ。

さて、中古でもいいので安いのを買おうかなって思ってるのですが、
どれがいいのかまったくわからない。
でも、WiFiモデルにします。

”簡単にできる”し、安いから。笑

使う目的によるのですが、パソコンはパソコンであるから、安くていいのです。
中古の安いのあったら買います。


GBはどのくらいあったらいいのか、お店の人に聞きながら買います。
お金がハネを生えて飛んでいくーーー笑

2018年07月01日

映画に出てる、見た人

映画を見てて、すごーーい有名ではないかもだけど、
あ、この人他の映画で見た事ある!
って顔がいますね。
すぐに調べたくなっちゃうんだけど、こないだ見た映画では
アンヌ・マリー・ダフ
という女優さんがいました。
タイタニックで見た気がするんだけど、調べても出てこなかったー。
くやしい。似てると思ったのに違ったのかな。

でもこういうことってあるでしょ?
あ、この人他の映画で見た!って。

まず、今回のマリーでいえば、「未来を花束にして」に出ています。
バイオレット役、途中で妊娠してサフラジェットをおりるんですけどね。
見てきてください、タイタニックにも出てませんかーー?

同じ映画に出てるlキャリーマリガン。
彼女は「私を離さないで」にも出ています、ともに主役。

その、もっと前には「プライドと偏見」にも出てます。キティ役。
ちょっと気づきにくいですけどね。

話は変わりますけど、この「プライドと偏見」、、、なんていうか景色が美しいのぜ是非みてほしい!
お城も出てきます。


2018年06月01日

皇族って・・

よく分からない世界なのですが、皇族というのはなにか特別な人たちである、
ということだけは分かる。

なにやらしとやかで、なにやらしきたりも多くて、
なにやら神道のようで、なにやら面倒くさそうで、
でもお金はありそうだ、、、という感じ。

その「皇族」という響きに騙されて結婚式でご祝儀をとられた、という詐欺事件が
過去にあったんですねー。
有栖川事件、です。

そのカップルは有栖川宮とはまったく関係なくて、
恋人でも夫婦でも何でもなかったようです。

この奥さん役(?)の人はもともとセレブ志向で、
お金が大好きみたいですねー。

今もなにやら怪しいことしてるらしいですよ、、、こりないものだ。

皇族になんか(といっては失礼だけど)憧れますか?
自分がそうありたいとも思わないし、
誰かがそうだからって近づこうとも思わないです。

このふたりのニセ結婚式は実に「安っぽい」ものだったといいます、
お育ちってわかるものですよねー。

私の知り合いですごく上品な人がいます、
そういう人は「うちはね・・・」なんて言わないものですよ。

2018年05月01日

パンダ

実は、パンダは中国のものってよりは、チベットの動物、だった。
チベットの動物なんだけど、中国のものとして有名になっちゃった。
それでもいいけど、せめて「チベット地区のもの」とか、、、言ってくれないかなー。

我が国にランラン・カンカンが上野動物園にやって来たときのことをご記憶の方ならご存じだと思うけど、日本中でパンダブームがわき起こり、
マスコミは連日パンダを取り上げ、キャラクターグッズが売れに売れ、
中国のイメージアップに多大な貢献をしたんです。

当時文化大革命が進行中で、多数の中国人が粛清されていたけど、
パンダはそのカモフラージュにも大きく貢献したと言えますね。

その後も我が国では(中国の意図通り)パンダ人気は衰えず、
今も時々パンダを取り上げた番組が放送されています。

その放送の中では決して語られることのない話がある。

実際はパンダはチベットの動物でもある、ということなのだーー!!

もそもパンダのほとんどは四川省のアバ州で生息している。
成都市やその他全世界で飼育されているパンダは、このアバ州に生息していて、
アバ州の正式名称は、アバ・チベット族チャン族自治州。

純然たるチベット人居住地域であーる。
現在では観光開発が進んで中国人も多数移住しているけど、
もともとこの地域には中国人はほとんどいなかった。
つまり、ほとんどのパンダはもともとチベットに生息していたのであーる。

わかったかーー!?

チベット大好き人間より。