2018年04月01日

アクセサリー

自分はまったくアクセサリーはしないのですが、女性が大好きなアクセサリーで、
手作りをしてみよう、って話が出てまして。

それには何が必要なのか?

感じとしてはマクラメを使ったものがいいように感じたので、マクラメを探してみました。

マクラメって何?
マクラメの定義、「装飾的にひもを結ぶ」ことで、
どの地域で発祥したかということははっきりはしていません。

中世に世界の最先端を誇っていたイスラム文化圏で発展して、
アラビア人によってイタリア(スペインという説も)に伝えられて、
ヨーロッパ各地で独自の発展をとげていった、
という流れで広まっていったとされています。

装飾の大小を問わず「ひもを結んでものづくりをする」こともマクラメの根底と捉えると、
結ぶ・組む・編むという作業は古くを遡ると人間が道具を使い始めたころまで行きつくと考えられますね。


そういうものでアクセサリー作ったら、なにかいい事がありそうじゃないですか。笑

出来たものを買うようりも、もし自分で(苦労して)作ったら、
その方がいいことある感が100倍になると思う!

2018年03月01日

犬の鳴き声

誰かが来ると吠えるペットの犬。
番犬なんだから吠えてくれないと困るけど、朝早くから泣くとうるさかったりする。
うちには犬はいないので、人の家でのことです。

でも、吠えてくれるから番犬として買われているし、
吠えてくれなかったら飼ってもらえないかも。。犬も大変なんだな。

吠えるとか関係なくて可愛いペットとして飼われているのもいるけど、
それでもそういう犬でも吠えるもんね。
小さい犬ほどよく吠える、人間も同じ。

常に冷静でいたいものですな。
とはいえ、犬は吠えて何ぼなところもあって、それで誰かが来たのが分かる。

散歩に連れていったり、予防注射をしたりとかもあるけど、
やっぱりペットっていいものだな。

以前は飼ってたけど、今はいないから、また飼ってもいいなー、って思い始めました。
でも大変だよねー・・・・簡単にいうものでもないな。。。
冬は散歩が寒いし。夏は暑いし。。。

こんなこといってたら飼えないね。。。

犬好き、、、尊敬します。

2018年02月01日

また税金?

なにやらまた国が国民からお金をとろうとしてますな。

2020年に訪日外国人客を4千万人に増やす目標を達成するための財源として、
日本から出る人に課す「出国税」を含めた新しい財源確保策を検討すると表明した。

検討会の初会合を開き、今秋にも具体案を示したい考えだ。

、、、、、ということでしたが、これってもう決まったのかな?

訪日外国人だけでなく日本人も対象とするのかや、
出国者の航空券代に上乗せする「納付金」など税金以外の方法が可能かどうかも議論して、
集めたお金の具体的な使い方も議論を呼びそう、、、とありました。

出国税は豪州で導入されており、韓国などにも似た制度がある。
他にも外国人客に限ったメキシコの「旅行者税」などがあり、
こうした海外の制度を参考にする。

ただ、日本人も対象に含めると訪日客増加の恩恵を感じづらい人や、
日本人の海外旅行者の減少を懸念する旅行業界から反発が出る可能性もあるんですな。

なんでもお金・お金って・・・・憤慨ですな!

聞いてますか?
偉い人たちーーー!(子供みたいだ・・笑)。

2018年01月01日

そんな友達いらない

たとえば、宝くじに当たったとします、すると、
急に友達や親せきが増えるっていいますね。
あんな感じの事がありました。いえね、お金ではないけど、何か別のものにくっついてくる人たち。

そんな友達いらない。

いつもそう思います。
友達っていうのは苦境の時に一緒にいてくれる人のこと。
良い時だけいる人なんていらない、その見極めは難しいのかもだけど。
なにに対して価値を求めてるのか、人によって違うし違っていいけど、
相手と自分の価値観が違ったら合わないのは当たり前。
無理に合わせる必要もないし、そんなのつかれてしまうからいいのだ。

ただ、友人と言うのは心地いいものだと思う。
そうじゃないと友達っていえないよね。
そう思うから、「あなたは友達じゃない」と声を大にして言いたい人が現れた時に、
本当にこういいたくなることがある。
あなたは友達じゃないのだ。ここに来ないでほしい。
本当の気持ちです。
宝くじに対して友達ヅラしてるのなら、宝くじのあたり番号あげるから(!)
どこか行ってーーーーー!
あなたは友達じゃないのーーーー!

分かったら、どこかいけーーーー。

正月からこんな話題かい。。

2017年12月01日

ほっぺたの毛穴

鼻の毛穴が気になっていましたが、ふと見るとほっぺたもすごい。
これはなんとかしないと。

乾燥でも毛穴は開くけど、乾燥と、そsれから加齢だろうなー。こまったーー。

化粧水で水分を補い、油分でフタ」というスキンケア方法は
、現代の皮膚医学では間違った保湿の考え方なんですって。
表面の油分は皮脂の役割を果たしますが、皮脂の水分保持力はたった2%なので、
表面に油分をつけて「フタ」をしても、あまり意味はないとか。

肌の保湿は80%を細胞間脂質が担っているので、
この細胞間脂質を間違ったクレンジングや洗顔で流出させないケアが重要です。

細胞間脂質の主成分であるセラミドは、加齢によって生成量が減少してしまうため、
保湿によって補うことが重要です。

肌の乾燥が気になるなら、セラミドが配合された保湿剤を使用すること、
と、言われました。
面倒ですねーーー、いちいち成分なんか見ないよーー。

セラミドね。。。

毛穴ケアの化粧品もいっぱいあるみたいだから、調べて試してみるかー。
あーー面倒。。。

2017年11月01日

ランディングページ

一般的に「ランディングページ」や「LP」が指すものは、
一つの商品やサービスを売るための、一枚の長いWEBページですね。

いまいち分かってなかったです。

ランディングページはズバリ「ネットで売り上げを上げるための最重要要素」で
ランディングページを改善しただけで、
ネット上での顧客獲得数が6倍になったという事例もあるんですって。

ページに流入したユーザにしっかりと情報を読み取ってもらうために
「漫画」という形で訴求を行うという手法も登場しています。

漫画といっても読者にとってただ面白いだけではなくて
多くの成功実績も出ていて、多くの企業が漫画LPを制作しています。

こういうことが自分できたらいいのに。
人に助けてもらいながらなんとかやるしかないか、、、
おっと、助けてくれる人もいないか。。。

がんばる。。。

2017年10月01日

昼間寝てて・・

知り合いのお母さんが、ご病気だってことで、いつ電話しても寝てるんだそうです。
その電話で起きて少し話は出来るらしいけど、だいたいいつも寝てる。
それで夜は眠れるのか聞けば、夜は睡眠薬で寝てるとか。
昼間は病気で眠くなるらしい。
ではずっと寝てるんじゃないか。
そんな、、逆に疲れてしまうと思うけど、足もお悪いようで、歩いてどこかへ行く事が出来ないそうです。
介助の人が来て窓をあけてくれたりとかしてくれてるみたい。
なんだか大変ですが、透析もしてるようで、
それだと疲れるんですよね、いつも寝てるってのも分かります。

とはいえ、ですよ、ずっと寝てて、逆に体に悪くないのかな?
疲れてしまうからねるのはいいけど、それで夜は夜で睡眠薬じゃなんだか矛盾してるようで。
いいのかな?
医者がそうしてるっていうならいいけど。

なんだかむなしいですね、良くなるといいのですが、
回復の見込みはんささおうです。

2017年09月29日

システムエンジニアの実情・理想と現実

〇 理想的な開発
ウォーターフォールモデルでは要件定義から始まり、外部設計/基本設計、内部設計/詳細設計、開発、各種テストと各フェーズに分かれて作業を行います。この時に、フェーズ毎に作業者以外の人によるレビューを実施することが理想となるのですが、実際には時間がないという理由でレビューが疎かに扱われるケースもあります。レビューを正しく行っていれば、例えば設計段階で誤りに気付き設計を見直すことができます。しかし、レビューを疎かにしたがために開発が始まって初めて問題に気づくといったことが発生します。そうなると、進めていた開発を止めて設計を見直さなければなりません。もちろん、それまでの開発作業は無かったことにして、新しい設計に基づいて開発をやり直すことにもなります。このように手戻りが発生してしまうと、2度手間3度手間となり無駄に工数を消費してしまいます。その結果、レビューに正しく時間を割いていた方が最終的にかかる工数は少なかった、ということに繋がりかねません。

〇 理想的なテスト
システム開発には仕様変更が付き物です。仕様変更とは、顧客との打ち合わせで決まっていた仕様が顧客側の都合で「やっぱりこうしてほしい」と変わることを指します。顧客が業務を遂行する上で必要な変更であれば、もちろん受け入れる必要があります。開発初期の外部設計/基本設計段階であれば手戻りは少なくなりますが、これが内部設計/詳細設計、開発、テストとフェーズが進んでいくにつれて手戻りが大きくなります。また、一度完成したシステムに対しても、実際に運用していく中で「やっぱりこうしてほしい」という話が出てくるものです。この中で、一番工数が必要となるのはテストです。顧客側からしてみれば些細な変更だとしても、システムとしてはその変更により影響を受ける全てを再テストして動作チェックしなければなりません。そのため、テストは自動化しておくことが理想です。具体的には、バージョン管理ツールと継続的インテグレーションツールを導入し、あらかじめテストケースを作成しておくことで、プログラム変更が発生した時に自動的にテストが実行される環境を作ることが可能です。これにより、テストを効率化することができます。しかし、普通にテストを行うことと比較すると、テストケースを作成することは倍近い工数が必要となることもあるもので、やはり時間の都合によりなかなか実現が難しいというのが実情です。

〇 顧客と上司の理解
ここまでは実際の開発作業について記載しましたが、それ以前に顧客と上司の理解があることが最大の理想となります。顧客の理解があれば無理な仕様変更は発生しませんし、上司の理解があれば無理なものは無理と顧客に断ることや、変更に応じて必要となる工数を顧客に伝えてスケジュール調整することができます。現場によっては、顧客の言うことには全てYesと答えることしか許されないということもあります。そうなると連日残業が求められることになります。

http://www.se-agent.biz/ ←システムエンジニアに強い転職エージェントをチェック

2017年09月01日

身体を揺らす

身体を揺らす病気には、チック症とか、あとはアスペルガーとかがありますね。

ビル・ゲイツさんっていますね。
Windows、Word、Excelなど誰しもが使ったことがありそうなソフト・商品を開発したマイクロソフトのボスですね。
この人も「アスペルガー症候群なのでは?」と言われています。

身体を揺らす特徴はなかったようです。

みんな大好き(?)な楽天市場の三木谷社長。
彼は自らの著書の中で「ADHDぽい」「でもIT関連の起業家たちなんてみんなこんなもんだし、
もっとぶっ飛んでる奴もいっぱいいる(意訳)」と語っています。
この人も特に身体を揺らすってことはなかったみたい。

じゃ、関係ない??

そうともいえないんですけどね。

サカナくん。
幼少期から魚に対する興味関心を爆発させていたさかなクン。
一つのことに対する興味の深さとそれを突き詰めていくキャラクターから、
アスペルガー症候群なのでは?との噂があります。

エピソードを調べてみると、ますます「アスペルガーかも」と思わせられます。
さかなクンを見ていると、才能や興味を活かしてあげることの大切さを思い知りますねー。

彼も特に身体を揺らす、はなさそうですな。
じゃ誰が身体を揺らすのか?
今度またじっくり調べてみまーす。

2017年08月01日

嫌味な奴!

嫌なメールをもらいました。
勘違いなメールなのでその旨を伝えたら「そのようにとれる内容でしたので・・・」と。
どこまでも嫌味!
そのようにとったのはあたなの責任です。そんな嫌味いらない、もう話もしたくない。

ということでここで発散して、っと。

嫌味なことをいう人の心理を調べてみました(笑)。
1つには上から目線があるね。
あとはプライドが高い。
今回私が受けた嫌味はこのプライドのようで。
そんなプライドいらない。そう思う。
今は落ち着いたけど、嫌味を言われた(メールだったけど)時は気持ちが悪かった。
そんな自分もプライドが高い、、というか、あったんだなって思いました。

さらに、自己肯定できない人。
自己肯定できずに自信がない。
自分の中に確固たる「よりどころ」がないので、他人をものさしにする。
いわば、他人との比較の中で生きている人だ。このタイプの人は、自己肯定できないため、
他人を肯定することもできないのだ。
(自分にないものを、与えることはできない)

自分の欠点や短所に目が行きやすく、同様に、他人の欠点や短所にも目が行きやすい。
そして、他人を叩くことで、自分を上げるしかないので、
他人を(ある意味)敵視することが多くなってしまう。
(自分も他人も嫌いになりやすく、他人を叩くことで、
自尊心を補おうとする傾向がある。
その結果、感じの悪い嫌味な人になってしまうのだ。)

嫌味や皮肉を言うのは、自己肯定感が薄い人。
そんな側にならないようにしたいなって強く思いました。