2021年06月01日

いちいちうざい

なんて言うか、、、仕事で、いちいち突っかかってくる人がいる。
大人の対応してて、、、疲れる。
ここまで大人の対応しなくちゃいけないのかなーー。
あなたの思いだけで物事は動いてないし、言ったところでわからないし、自分の思い通りにしたら仕事にならないし、皆の輪が大事で、、、って、ことがわからないかなー。
人気者になりたいのはわかるけど、いちいち突っかかってくるとうざいだけだ。

スムーズに行くようにしてるんだからさ、その意図がわかってるなら(わかってないのか?)いちいち突っかかってくるなーーー!笑
それで¥言うこと聞いても「あ、やっぱり元に戻しましょう」になるんだから!
結局そうなるんだ!!
だからやりやすいようにやってるのに、絶対に一度は反対意見を言ってくる。
どう言う神経だー〜。
それで良い仕事ができるとは思えない。
あーー、もう縁を切りたい!でもできない。
、、、宝くじ、当たらないかなーー。もう仕事したくないーー笑

2021年05月01日

ブーリン家

「アン・ブーリン」と言う名前を聞いてわかる人は歴史に強い人。特にイギリスの、かな。
アン・ブーリンは、エリザベス1世の母親です。
今のエリザベス女王ではないですよ、1世です。すごい昔の話です。
あまり美しくはなかった、って話ですけど、ヘンリー8世が前の奥さんと離婚(本当は結婚を無しにした)をしてまで結婚したかった人で、ダンスとか上手くて、人生を愉しませんてくれる人だったようです。
それで結婚したはいいけど、女の子が生まれ、わがままがゆえにヘンリー8世も飽きてきてしまったみたい。
ヘンリー8世はアンの妹かオネエ戦とも関係持ってますからねーーー、いやらしいやつだ。
1500年代に生まれて、その時代にフランスに留学までしてますからねーー、いいとこのお嬢様、、です。
でも、それは親が野心家で、元は平民だったけど、貴族にまでのし上がった、って話です。昔はこういうことができたんでスネーー。今もか。
元は、アンとアンの妹(か、姉)とで、ヘンリー8世の奥様に仕えるために呼ばれたんだけど、合間で言う愛人になったんです。
でも、「愛人は嫌!妻にしてちょうだい」と、こうきたもんだ。
野心家の娘ですからね、アンも相当な野心家だったわけですよ。
でも首切られてなくなってます、、、アン・ブーリンは悲しい話の主人公なのだ。

2021年04月01日

前髪ぱっつん

今は個性としてこういう髪型はあるけど、以前は「ぱっつん前髪」は避けられていた、、、と思う。
なんか、少しクシャ、、っと下にがよかったんだよね、または、まーるくカールさせる、とか。
女の子は大変ですね、常に髪型に気を使っていなくてはいけない。
そしてその髪型の気遣い、は、そのうちにカラーとか、ダメージヘアへのケア、、ってなっていく。
年齢がいくと髪型よりもダメージの方が、、、心のダメージが大きいから。
健康な髪の毛でいないと、ですよね、、、。若さだけで、髪型だけではダメです。
艶のない髪、、ってのがどうも苦手。人の髪の毛を見てても艶のないのは、どんなに髪型が決まっていたとしてもだらしなく見えてしまう。
逆に、健康であれば寝癖がついててもどうってことはない。
さて前髪、、、前髪をぱっつん、にしてる子はいますが、個性でやってるのか、真面目さ、なのか、それ以外の髪型を拒否してるのか、、、よくわからない。
似合っていたらいいけど、多くが「????」な感じ。
ぱっつん、が好きな男性っていないというし、もし、男性に好かれたいのなら「ぱっつん」はやめた方がいいと思う。余計なお世話だが。

2021年03月01日

ロックダウンは逆効果だった?

ロックダウンや外出自粛は逆効果だ、っていう人がいて驚いた。
どっちが正解か、は、比べてみなくちゃわからないからなんともいえない。
国でいえば、最初は集団免疫だ、って言ってたスエーデンでも最後には「自粛して」ってなったし、マスクも、年の終わりになって始まった。
でも最初は抑えられていたよね、、何がどうなっているのやら、だ。
アメリカにしては、「コロナを恐るな」と、ビジネス思考のトランプの結果があれだ。
トランプ本人も感染。ぶじだったからよかったが。。
ロックダウンしてしばらくしたら治った国もあるしね、(その後でまた広がったが)。
経済を止めてしまうと自殺者が出るからね、、なんともいえないわ。
それにしても科学者たchも誰の言ってることが正しいのか、は、わからないんだよね。
初めてのことだもん、、しょうがないのだ。
ただ、家族を亡くした人たちなどからしたら「しょうがない」ではすまない感情があるのだ。
だから早くここから抜け出さなくては!
それには皆の努力も必要で、それって結局は外出自粛ってことになるのが不思議だが、、やるしかないのだ。

2021年02月01日

どうしてあんなに美しいのだ

テレビでデヴィ夫人を拝見しました。
いつも綺麗だけど、、年齢を出川がバラしてて、、、もう80なんですって。
それであの貫禄と美しさ。驚異的です。
80って言ったらもっとしょぼしょぼしてて、あんな元気には動けないし、頭も回らないですよーー。
それが見ての通り、すごいですよね、何してるんだろう。
お金持ちであることは間違い無いけど、それだけではない、、私は出川もあの若さの秘訣の1つではないかと思ってます。
破天荒なことしてましたが、出川はお友達らしく「一言言っていい??、、、こーれーはー、テーーレー美!」って。。
テレビ画面から外れるな、と言っているんだけど、デビ夫人と出川っていいコンビで、怒っても怒らないし(なんか変?)、仲良しだからこそあそこまで言えるんでしょう。
そしてあれがそのまま若さの秘訣になってると思うんです。
若い人と一緒にいるといいですね。
デヴィ夫人は今後ももっとテレビに出てあの若さと美しさを披露してほしいものです。
長生きもしてほしいーー。
今は大学生と同居してるからいいのかも?

2021年01月01日

冷酷なんだろうか?

イギリスの有名司会者がメーガンを滅多打ち!
「メーガンは冷酷な野心家」と。
野心家かもしれない、、冷酷かどうかはわからない、でもとにかくメーガンは嫌われていて、どうして嫌われるかって、言ってることとやってることが正反対だから。
なんかダイアナ妃の真似してるようにも見えるけど、贅沢な暮らしに慣れてしまったからもう元には戻れませんよーー。
どこまで行くかはわからないけどね。
冷酷かどうか、の部分は未だわからない。ただ、ヘンリー王子がゾッコンなおは確かだし、その後ろ盾があるからこそメーガンはやりたい放題なのだ。
ヘンリーをうまくイギリス体質に戻せば少しは変わるよ。
冷酷だとしたら、ヘンリーを手放すでしょうね。もう用はないわけで。
そうじゃないとしたら、だけど、だったらメーガンもイギリスに歩み寄るのではないかな。
冷酷かどうかはその時にわかる。

2020年12月01日

お綺麗ですが。。

神田うのちゃんとか、いつまでも綺麗なタレントさんっていて、それが売りでもあるわけだけど。
うのちゃんのお四方立ちで、同じような業界の男性と結婚したセレブで、伊東美咲さんっていますね、、彼女もお綺麗ですが、痩せているので海外ウケはしないかなと。
だからどーした、と言われたら何もいえないけど、美の意識が違うので、彼女は痩せすぎているんだよ、ってだけですー。
神田うのちゃんも痩せてるよね、、考えてみたら。
ギスギスした感じはしないけどね。

その、伊東さんですが、なんか急に最近出てくるようになってきて、「すわ!離婚か」って噂もあります。
彼女って女優だっけ?、、実はよく知らないのですが、、モデルか?
離婚してもなんでも、綺麗な事が売りなので、いつまでも綺麗でいることでしょう。

2020年11月01日

鼻水が止まらない

仕事してて、それがすごく「ノリノリ」なんだけど、鼻水が止まらずにイライラする。
ティッシュで拭きながらこなすんだけど、これがなかったらとても快適な仕事の進み具合なのに、ってどこかで、いや、全身で思いながら。
汚い話だけど、シンクで鼻を思い切りかいですっきりしたい。
でもティッシュにかむしかなくて、、そこもはがゆい。
手元は仕事をしてるんだけど、気持ちは鼻に集中。
いや、仕事にも集中してるんだけどね。
鼻水がとまったら全財産あげますよ、たいしたものはないですが。
それくらい嫌なものです。
また冬がやって来て、鼻水がたれるのだ、、コロナの次は鼻水か、、。
コロナも苦しいけどね、アレルギーもいやなものです、もちろんコロナで命は落としたくないけど。

鼻水が止まらずに泣く人、一緒に悩みをちあけましょう。
その間もティッシュを離さず、ですが。

2020年10月01日

いまだメーガン

いまだメーガンのことでは世間を騒がせているけど、ある人がいうのは、
「ヘンリー王子はメーガンほど頭がよくない」
のだそうだ。
一理あるね。
背間知らずってのもあるけど、賢くないんだと思う。
教育は受けてるけどねー。
お付き合い当初からヘンリー王子のほうがメーガンにメロメロだったし、ゥことには逆らえない、というか、従う自分が好き、みたいな。そんな感じみたい。
だから世間的にはメーガンがヘンリーを操ってるように見えてしまう。
ある意味そうなんだけど、ヘンリー王子ももっと「がつん!」としていたらいいのに、それが出来ない、しようとしない。ぞっこんだから、もあるけど、母親をみてるみたいなとこもある。
でもメーガンにはダイアナは越えられないよ。
超えようとしてるみたいだけど。
ダイアナは別の理由で離婚した、でも王室の仕事はちゃんとしてたのだ。
メーガン、あなたはなにもしてないぞーーー。

2020年09月01日

確かに。

使用前・使用後、みたいな、外国人の女の子でしたが、インフルエンサーだそうで。
インフルエンサー、がなんだかよく若手ないけど(!)。
加工する前と、加工した後を見たら、「確かに!全然違う!」ってなりました。
痩せてるように加工してました、縦に伸ばしただけ?かな?
あとは、色も白くなってて(ってことは色白がモテる国)、顔も修正入ってました。
あそこまで綺麗になれるものなんですねー、逆に関心してしまう。

これはいほうではなく、どこからもこれで報酬などもらってなかったら別にいいそうです。
なので皆やってるのかな(!)、、加工とか修正を。
修正した写真は、インスタでは綺麗に出ないけど、他のなら綺麗なまま出るそうです、だから他のであれば綺麗なまま。。あれ?でも、インフルエンサーって、インスタ映えする人のことをいうんじゃないの?
こりゃまた失礼いたしましたーー。
まったくわかってませーーん。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38